FXでは取引開始前に業者に保証

FXでは取引開始前に業者に保証金を預けることとなりますが、レバレッジを使うとこの預けた保証金に対し、数倍から数十倍程度の金額まで取引を行うことができます。レバレッジを使用することでリターンを大きくしていくことができますが、また同様にハイリスクとなる可能性もあるということです。

FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、FX業者にまず口座を作りますが、その時かあるいは取引を行なう時に最低証拠金が必要になるので、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって異なった金額となります。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし5千円〜5万円の所もあって割と色々です。
そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけばそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

FXは、事前に入金した証拠金の数十倍の金額でトレードが実行できるレバレッジと呼ばれているメカニズムがあります。レバレッジを用いれば大きな収益を得られるケースもありますが、反対に失敗したケースでは莫大な損失が出るケースがあり、この点が短所だと言えます。損失額が預託している証拠金を超えてしまった場合、不足した金額を追加で支払うことが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ