どの程度、上昇・下落しているのか

どの程度、上昇・下落しているのかを時間を追って確認するものとしてチャートを分析する投資家は多数派と言えるでしょう。

例えば、長く上髭が出た株のローソク足はこれから下がるであろうと評価できますし、ローソク足の長さによって売買のタイミングを判断する決め手になります。投資に興味を持つ方が何か投資をしたいと考えた際に、株とFXのどちらを選べば良いのか悩む場合もあるでしょう。
それが初心者である場合にはFXより株のほうが安心であるという言い方ができるかもしれません。株だったら、もし、購入したときより株価が下がった場合でも、プラスになるまで何年も待てます。
株の初心者が苦手にしがちなのは、ずばり言うと、損切りです。上がるとついつい思い、手放さない場合が多いです。または、損をしたくないと思い、さらに損失を大きくするケースがあるのです。

絶対とか100%ということはないため、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく必要な事です。

株を売買するには、現物株の他にも投資方法は様々にあります。

その中にはオプションがあります。オプションには買う権利であるコールというものとプットといった売る権利とがあって、おのおのに売買ができ、この4つのパターンを組み合わせて、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。

かなり魅力のある投資の方法ではありますが、それなりの知識が必要となります。

多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの見方が、理解できませんでした。

依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」といった見方があって、それを判断材料として使っています。とはいえ、現在でもたまにやり損なってしまう時もあります。

外貨預金とFXの異なる部分に、元本保証やレバレッジの利用等がございます。

銀行へ預けるお金が外貨預金ですから、基本的に元本は保証がされます。

レバレッジの利用がFXでは可能で、手持ち資金の何十倍以上の金額で運用していくことが可能ですが、逆に大損が起こることもあるので、高いリスクともなるのです。私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく準備をしないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。はじめは全然儲からず、損失でヒーヒー言っていたのですが、このごろは経済が良くなったのか、私のスキルがよくなったのか利益が出るようになれました。為替相場の変動が大きい中央銀行が政策金利や指標を発表する時などには、スプレッドが大きくなることがありますから、FX業者の約定力が必要となってきます。

3円以上相場が動いてきますと、スプレッドの問題に収まらずスリッページについても考える必要があるのです。成行注文でスリッページを狭めても約定力が落ちない業者が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ