転職理由は書類選考や面接の場

転職理由は書類選考や面接の場合に大変重要です。相手が承知することができなければ評価が落ちます。
けれども、転職した事情をきかれても上手く答えることができない人も多いと考えられます。

ほとんどの人が履歴書を書いたり面接を受ける時に、この転職した理由で苦労します。今までと異なる業種に転職するのは難しいというイメージがありますが、実際のところ、どうなのでしょうか?まず、結論からいうと違う業種への転職は簡単ではありません。
その業種の経験者と未経験者がいた場合、採用担当者としては、経験者を選ぶ可能性が高いです。
ただ、絶対に採用されることがないというわけではないので、努力によっては採用されることもあるでしょう。どうすればよい転職ができるか、一番の方法は、今の仕事は続けながら転職先を探し、決まった後に退職すること。これに尽きます。

転職先を探すより先に辞めてしまったら、すぐに転職先が見つからないと次第に焦りが出てきます。また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、退職する前に探すことがベストです。加えて、自分だけで探そうとしないでおすすめは、誰かに力を借りることです。

労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいがなくて辞めたときは「新たな環境でさらに成長したい」と表現を変えると印象が悪くないです。ネガティブな転職の訳も表現次第でポジティブなものとなります。履歴書に書くときは、150文字から200文字くらいが理想です。

労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を重視した仕事のスタイルにしたい」、仕事にやりがいを感じなくて辞めたときは「新しい環境でさらに自らを成長させたい」と変えると印象が悪いものになりません。

ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブに受け取られます。履歴書に書くのであれば、150文字から200文字程度が理想とされています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ