脱毛方法としてワックス脱毛を採用してい

脱毛方法としてワックス脱毛を採用している方がいらっしゃいます。その中には、自分でワックスを作りムダ毛を無くしているという方もいるのです。しかし、毛抜きを使って毛を抜くことよりは時間は必要ありませんが、肌にかける大きな負担は大差はありません。

埋没毛ができる要因となってしまいますから、極力避けるよう、心がけてください。

先日、脱毛サロンの特集や脱毛にあたっての注意点が載っていた雑誌を購入して読みました。生理の間は、皮膚が刺激を受けやすくなるので、脱毛サロンへ行く場合は生理中はやめた方が良いと書いてありました。
まったく知らなかったので、大変参考になりました。来週、永久脱毛のモニターとしてサロンへ行くので、わくわくしています。ムダ毛をカミソリで脱毛するのはごく簡単ですが、お肌を損なわないように配慮しなければなりません。用いるカミソリは、刃の鋭利な物にし、シェービングフォームやジェルなどで潤滑にします。ムダ毛の伸びている方向に従って剃らなければいけません。
あとは脱毛後に必ずアフターケアも行わなければなりません。

永久脱毛とはどういう仕組みで施術なされているのかというと、レーザーといった機械を使用して毛や毛根に含まれるメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作る組織そのものを壊して、永久的に毛が生えないための方法なのです。

レーザーを使用したレーザー脱毛の他にニードル脱毛という方法がありますが、今では、レーザーが主流になっています。

とにかく毛を作ろうとする組織を壊して毛を生えないようにします。

サロンで脱毛施術を受けたそのすぐ後は、刺激が肌に加わらないように警戒してください。脱毛のために受ける施術がどんなものでも、わずかな刺激に対してでも肌は過敏に反応してしまいます。

強い日差しの下を歩いたり、お風呂に入ったり、肩たたきや、筋肉の揉み解しのために強く体を触られると、かなりの確率で肌が過剰反応を起こしてしまいます。

施術時に注意を受けた事は、従うことが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ